加齢による顔のたるみを改善|若々しい見た目をゲットしよう

美容整形の目的

医師

若くしてできた顔のたるみは、美容外科で治療できます。治療を受けると、印象がよくなるだけでなく、人間関係を良好にすることにも繋がります。治療を受けるすべての人に、分け隔てなく効果を出してくれる、そこが美容外科の一番の魅力です。

More Detail

美容外科で若返りましょう

女の人

自分に合った方法を選ぶ

多くの人が気にする顔のたるみですが、その解消法は様々です。自宅でケアする方法から美容外科で受ける整形手術まで、幅広い解消法がありますが、やはり最も効果と即効性が実感できるのが、美容外科で受ける施術です。美容外科では、美容のプロが顔の状態を客観的に診断し、最も効果的だと思われる方法を提案してくれますし、カウンセリングで気になっている点なども相談できるので、施術後の満足度も高くなります。顔のたるみと一口に言っても、その状態は個々によって異なります。たるんでいる部位や進行状態によっても提案される解消法は異なります。自分の顔の状態がどの程度のものなのか、まずは把握することが必要です。毛穴の開きや肌のハリのなさが気になっている場合には、軽度の初期たるみと言えるでしょう。この場合は大掛かりな手術などはまだ必要なく、お肌の回復力も残っていることから、マシン治療だけでも十分な効果を得られます。マシンだけで物足りない場合には、細い糸によるリフトアップを併用してもいいかもしれません。法令線がくっきりと出ていることや、頬全体の老化が気になる場合は、軽度から中度に進行している状態です。この状態ですと、マシンでの施術だけでは満足のいく効果が得られなくなってくるので、やはり糸によるリフトアップがお勧めです。中度の人の治療には、軽度の治療で使われる糸よりも若干太めの糸を使います。初期の状態よりもたるみが進行したお肌でも、しっかりと引き上げることのできる太さが必要になるためです。糸が太くなると、その分術後のダウンタイムが長くなったり、傷跡が目立ちやすくなったりというリスクはありますが、力強く引き上げてくれる分、アンチエイジング効果も高いものになります。重度のたるみになると、フェイスラインが大きく崩れ、頬だけでなく目元の老化なども隠せなくなってきます。こういった状態からアンチエイジングを目指すのであれば、やはりメスを使った施術が必要になります。糸を使ったリフトで重度のたるみを引き上げようとすると、余った皮膚がどうしても不自然な状態で残ってしまうため、皮膚を切ってしまう方が美しい仕上がりになります。切除となると、やはり傷跡は残ってしまうので、抵抗を感じる人は少なくありません。しかし、最近の美容外科技術では傷跡を最小限に留められるようになっており、切除する場所も髪に隠れる箇所にするなど工夫がされていますから、必要以上に不安を感じる必要はありません。また多くの人は、自分の顔の状態を見て、ある程度自己判断をしてから美容外科の門をたたきますが、この自己判断が必ずしも正確とは限りません。中度の老化だと考えていた人が、診断の結果初期状態であったため、マシン治療に通うだけで改善できたということも十分あり得ます。逆に、自分で考えていたより老化が進行していたことから、しっかりとした治療に取り組むことにしたという人も少なくありません。大切なのは、信頼できる美容外科医にしっかりと診断してもらい、自分の状態を把握した上で、必要な施術は何かを提案してもらうということです。上記に挙げたような治療法は、数ある美容術の中のほんの一部です。病院や医師によっても施術法は様々なので、色々な美容外科に足を運び、カウンセリングを受けた上で正しい治療法を選びましょう。

若々しい自分でいたいなら

鏡を見る人

老けた印象を与えてしまう顔のたるみですが、美容整形の中にはたるみに大きな効果を発揮するものも多くあります。注射タイプは30,000円前後、糸を入れてのリフトアップは300,000円前後、と施術によって料金も大きく異なります。

More Detail

自然に肌が若返る

水着の人

顔の老化に悩んでいる人達に、美容外科のたるみ治療が人気です。たるみ治療は切開を伴わないのでリスクが少なく、仕上がりが自然です。具体的にはヒアルロン酸などの注入治療、糸を入れる糸治療、レーザーなどの照射治療があります。

More Detail

TOP