加齢による顔のたるみを改善|若々しい見た目をゲットしよう

自然に肌が若返る

水着の人

自然に肌が若返る

年を取るごとに徐々に目立ってくるのが、ほうれい線や目の下などのたるみです。たるみがひどくなると、日ごろのスキンケアで改善するのが難しくなります。それどころか、間違ったスキンケアを繰り返すことで、ますますたるみがひどくなるリスクも少なからずあります。鏡で顔を見るたびに憂鬱になってきたら、美容外科で切らない「たるみ治療」を受けるのがお勧めです。自分の悩みに適した治療をすることによって、5歳〜10歳以上見た目を若くすることが可能です。顔を切開しないでたるみを改善する治療には、「注入治療」「糸治療」「照射治療」などがあります。注入治療とは、コラーゲン、ヒアルロン酸、脂肪、血液(血小板)などを注入して、しわ・たるみを目立たなくする治療です。ほうれい線を目立たなくしたい場合は、コラーゲン注射やヒアルロン酸注射が効果的です。どちらも椅子に座って手鏡を見ながらできるプチ整形です。仕上がりが自然で、しかも即効性があり、当日すぐにほうれい線が消えます。持続力はもって12か月ほどなので、定期的に注入するのがお勧めです。目の下のたるみには血小板を注射するPRP皮膚再生療法が効果的です。自分自身の血液から血小板を採取して、それを目の下のたるみに注入する治療です。血小板には成長因子が含まれていて、その働きで肌が若返っていきます。デリケートな目元にも安心して注射できるのが、PRP皮膚再生療法のメリットの一つです。若返り効果は3年ほど続きます。顔全体のたるみを改善したいなら、注入治療よりも糸治療か照射治療のほうがお勧めです。糸治療は、特殊な溶ける糸または溶けない糸を顔の中に通し、肌を内側からリフトアップすることで若返り効果が得られる治療です。糸には、棘や返しが無数についています。その棘や返しが真皮層や脂肪などの細胞をひっかけて、たるでいる部分を引き上げる働きをします。さらに棘や返しの刺激で、真皮層内部のコラーゲンが増産する効果もあります。「棘のリフトアップ効果」と「コラーゲンの生成効果」のダブルの効果で、確実かつ自然に肌が若返っていきます。持続力は3年〜5年ほどで、糸が完全に分解されてもしばらく若返り効果が続きます。顔の中に糸を入れる糸治療の場合、糸の種類や入れ方によっては多少ダウンタイムがあります。「普段仕事があるのでダウンタイムがあると困る」という人には、照射治療がお勧めです。顔に高周波(ラジオ波)、超音波、レーザーなどのエネルギーを当てて、その刺激で肌内部のコラーゲンを増やすのが照射治療です。エネルギーを照射しても表面の皮膚にはまったくダメージがなく、真皮層内部だけが破壊されます。そして破壊された真皮層から新しいコラーゲンやエラスチンが生み出され、時間が経過するとしわやたるみが少なくなっていきます。この照射治療の場合はダウンタイムがないので、仕事に穴をあけることなく若返りが可能です。もちろん傷跡などもまったく残らないので、他人に気づかれる心配は皆無です。治療の効果は3ヵ月〜12か月ほどですが、3回以上繰り返すと持続力が高まっていきます。

TOP